電話連絡の在籍確認なしで借り入れるポイント

  1. 大手消費者金融もしくはレイクに申し込む
  2. 在籍を証明できる書類を準備する
  3. 借り入れ金額は50万円以内にする
消費者金融の中でもプロミスは特に寛容な姿勢をとっています。プロミスの場合50万円以内の借入申込は書類提出で在籍確認が求められます。

アイフルは最新の給与明細(会社名と本人のフルネームが記載されているもの)、もしくは会社発行の健康保険証がある場合は勤務先への電話以外での在籍確認が可能です。申込確認の電話を受けた時、電話以外の方法で在籍確認を希望と伝える必要があります。アイフルも同様です。

モビットは審査結果によって書類提出のみですが、電話での在籍確認をすることがあります。アコムは必ず勤務先に電話での在籍確認があります。

銀行系カードローンは、ほとんど電話での在籍確認がありますが、「新生銀行カードローン レイク」は審査結果によっては処理で在籍確認を認められます。
バンクイック、みずほ銀行カードローン審査は必ず在籍確認があります。

カードローンの利息は日割り計算

カードローンの利息計算って一体どうなっているんだろう・・・と思って借りるのをためらっている人は多いのではないでしょうか。カードローンは利息がとても高くつくというイメージがどうしてもぬぐえません。

ですが、実際にはそうではなく日割りで計算してくれるので、少しでも早く返済すればそれだけ利息は少なくて済むようになっています。利率の方も思った以上に低い会社が多く、短期間だけの借入ならほとんど利息がつかないと言ってもいいでしょう。ですので借入れをしたなら出来るだけ早いうちに元金を全て返してしまうのが得策でしょう。

カードローンの返済とその方法

カードローンの返済は、基本的に発行している会社が提携しているATMを通じて返済するか、所定の銀行口座からの引き落としになっていることが多いです。特に、ATM経由の返済ができると、日中に時間の取れない社会人などにとってはとても便利です。

ATMといってもさまざまなATMがありますが、特に利便性が高いのはコンビニATMと、イオン銀行やセブン銀行などの小売店系ATMが利用できることです。コンビニATMは基本的に24時間稼働していますし、小売店系ATMであれば、買い物のついでにショッピングモールに設置してあるATMを使って返済ができますから、利用しているものにとって利便性はかなり向上します。

カードローンの返済方法は様々

カードローンと一口に言っても、最近は様々な会社が取り扱っています。特に人気なのが大手消費者金融で、こちらのカードローンは返済方法がいくつもの方法から選べると大変な人気です。

例えばですが、ネットで返済出来たり、コンビニの端末から返済できたり、口座振替ができたりと自分に合った方法で返済出来る様になっています。忙しい人にとっては店頭まで行って返済するのはかなりの手間と時間がかかるものです。ですが、ネットで返済できるとなると、スマホやパソコンさえあれば場所を選ばず24時間好きな時に返済出来るので大変便利です。

即日融資が受けられる銀行カードローンのバンクイック

銀行のカードローンは消費者金融のカードローンより金利が低いのが一番のメリットです。 お支払する利息分を減らしたいときにお得ではありますが、即日融資が受けられない銀行のカードローンが多いのが難点です。 そんなときでもバンクイックなら銀行のカードローンならではの低金利なのに即日融資が可能です。 バンクイックではテレビ窓口を全国各地に設置しています。 このテレビ窓口からお申込みすると最短40分でカードが発行されます。 発行されたカードを受け取りすれば、その日のうちにATMからお金が借りられるようになります。 テレビ窓口の営業時間は平日は9時から20時まで、土曜祝日は10時から18時まで、日曜は10時から17時までです。 銀行の窓口が閉まる平日15時以降でも銀行が休業の土日祝でもご利用が可能です。 有効期限内で現住所の記載がある運転免許証をテレビ窓口まで持参することが必要です。 もし忘れると自宅まで取りに戻る、またはカードが自宅へ郵送されることになり即日融資が間に合わなくなる可能性があります。 勤務先情報も必要になりますので予め住所や電話番号、社員数、入社年月などを調べてメモしてからテレビ窓口までご来店して下さい。 源泉徴収票や住民税決定通知書、納税証明書と言った収入証明書類はご利用限度額100万円超を希望しなければ不要です。